虫歯・歯周病でお悩みなら「麹町デンタルクリニック」で根本治療

ワイヤー矯正とマウスピース矯正について

東京都千代田区 麹町デンタルクリニック

歯科医師 西澤道雄

 

【2つの矯正方法】

 

昔に比べて、日本人も歯並びを気にする方がとても増えてきました。

歯並びを治すという事は見た目だけでなく、虫歯や歯周病のリスク改善や他の機能改善も見込まれます。

 

今回はそもそも矯正ってどんな種類があるのか?というお話をしたいと思います。

矯正に種類?と思う方もいらっしゃるかもしれません。

実は矯正には大きく分けて2種類の方法があります。

それはワイヤーとマウスピースです。

以前はワイヤー矯正が主流でしたが、最近はマウスピース矯正をされる方が増えてきました。

 

【ワイヤー矯正とマウスピース矯正の違いとは?】

 

歯の並びを治す方法にはワイヤーを使う方法と、マウスピースを使う方法があります。

ワイヤー矯正は歯に四角い金具やプラスチックの装置をつけ(ブラケットと言います)、そこにワイヤーをはめ込み、歯を動かしていきます。

一方、マウスピース矯正は透明のマウスピースをはめることにより歯を動かしていきます。人によっては歯に四角いプラスチックを装置をつけ(アタッチメントと言います)たり、ゴムを付けたりする事もあります。

 

【ワイヤー矯正とマウスピース矯正のメリット・デメリット】

 

☆ワイヤー矯正

ワイヤー矯正のデメリット

・ワイヤーや金属のブラケットが口の中で引っかかってしまい傷を作ってしまう。

・どちらかというと締め付け感や痛みがマウスピースに比べ強め。

・ずっと装置をつけっぱなしになるため、食事がしにくく装置に食べ物が挟まってしまったり、歯磨きがしにくくなるため虫歯や歯周病のリスクが高くなる。

 

ワイヤー矯正のメリット

・はめたままで食事ができるため、矯正中の食事制限が基本的にない。

(もちろん甘いものや炭酸などをたくさん食べ過ぎるのは虫歯や歯周病のリスクが上がってしまいますが…)

・付け外しをしないため、管理がしやすい。

 

☆マウスピース矯正

マウスピース矯正は型取りをすると、たくさんのマウスピースが出来上がってきます。そのマウスピースを決められた期間でご自身で交換していただきます。

 

マウスピース矯正のデメリット

・食事制限がある。はめている間は食事ができません。飲み物もはめている間は水のみ可能。

(食事をする時はマウスピースを外し、食事が終わったら歯磨きをしてマウスピースをはめます。)

・決められた時間はめていないと歯が計画通りに動かなくなってしまう。モチベーション維持が大事です。

 

マウスピース矯正のメリット

・目立ちにくい。余程近付かないとわからない位です。なので周りにあまり気付かれないうちに歯並びを綺麗にする事ができる。

アタッチメントも歯と同じ色をしているため目立ちにくい。

・アタッチメントの上からマウスピースを付けるため、ワイヤー矯正の様に口の中を傷付ける事がない。

・ワイヤーがないため、歯磨きもしやすく、フロスも使えます。そのため虫歯や歯周病のリスクもワイヤー矯正に比べ少なめ。

 

【まとめ】

今回は矯正の種類、それぞれの特徴についてお話ししましたが、いかがでしたか?

矯正治療は長期的な治療になるため、ご自身に合った矯正方法をよく検討し選んでいただきたいと思います。

当院ではマウスピース矯正を行なっていますが、必ずこのメリット・デメリットをしっかりお伝えした上でマウスピース矯正を選択していただいています。

 

もう少し詳しく聞きたいなどございましたら、当院で行っている無料相談をおすすめします。

やるかやらないかまだ決めかねているけど、とりあえず話だけ聞いてみたいな…という方もぜひ気軽にご相談にいらしてください。

矯正に対する不安の解消や判断材料にしていただけると嬉しいです。


歯に加わる“力”に要注意

みなさまこんにちは!歯科衛生士の松尾です。
だいぶ桜も満開になり見頃を迎えつつありますね!ただ三寒四温で気温差が激しく体がついていかない季節でもありますのでくれぐれも体調管理にはお気をつけ下さい。

さて、先日当院の歯科衛生士4名で“エアフローハンズオンセミナー”というものに参加してきました!
エアフローとは以前のブログでもお伝えしているように、微粒子パウダーと水と圧縮空気の力で健康な歯を傷つけることなく歯石以外の汚れ全てを落とせる画期的なマシンです!!
当院でも昨年から一台導入しており毎日の定期検診で大活躍しております。
このセミナーでより技術的なことを直接指導で教わることができ各自の疑問点などが解決していい勉強になりました。少しでも多くの患者様に快適なクリーニングができるようより一層技術に磨きをかけていきたいと思います!

話は変わりますが、歯を失う原因として一番最初にあがるのが“歯周病”だと思います。
しかし歯周病はあくまで結果でありそれを起こす根本的な原因が2つあります。
それが細菌性のプラーク(歯垢)と歯に加わる外傷力です!
プラーク(歯垢)は細菌の塊なのでたくさん歯に付いたままになると歯周病になる原因になることはみなさんがご存じだと思います。では2つ目の歯に加わる外傷力とはなんのことでしょうか?
外傷力とは、日中のくいしばり癖や睡眠中の歯ぎしりやくいしばり、日ごろから歯ごたえのある食べ物ばかり食べている、片側ばかりで噛んでいるなどのことをいいます。
このような何気ない日々の生活習慣が歯を失う原因になるのです!
睡眠中のくいしばりや歯ぎしりは約20~30kg重の力で歯をすりつぶしているそうです…恐ろしいですよね。このような癖に覚えがある方はナイトガード(マウスピース)を作ることおすすめします。保険適応で作成できますのでぜひご相談ください!

また、日中のくいしばり癖や上と下の歯を常に接触させた状態でいるTCH(上下歯列接触癖)は顎関節症にも関係しています。特にTCHは顎関節症患者の半数以上でみられます。みなさんは口を閉じているとき上下の歯は離れていますか?舌はどこにいますか?
これが上下の歯が常にくっつき舌が下の歯を押し続けているのだとしたら、相当歯に無駄な力がかかっています。
ちょっとした意識で習慣は変えられます!自分の大切な歯を守るために生活習慣もぜひ見直してみてください!


インビザラインとすきっ歯の治療について

インビザラインで、すきっ歯は治るのでしょうか?
結論から言うと、治すことができます。
インビザラインは、お口の中を特殊なカメラを使ってスキャンして歯の大きさを厳密に計測しています。そのデータを元に、ミリ単位で歯の動きをコントロールするマウスピースを製作して、患者さんに提供しています。
完成したマウスピースを毎日しっかりと装着することで、最短で最適な歯の動きが実現されます。

すきっ歯の治療方法って気になりますよね!

実は、すきっ歯の治療にはいくつかの方法があります。
治療方法をまとめてみました。

すき間を硬質レジンで充填するダイレクトボンディング
通院回数 1~2回  2歯 22万円

すき間の歯を削って被せる治療
通院回数 4~6回  2歯 26.4万円

インビザライン矯正
数か月~2年程度  30~100万円

インビザラインですきっ歯を治すメリットは、自分の歯をたくさん削ったり、被せないところです。
セラミックなどの人工的なものを使わずに、自分のオリジナルの歯の位置を移動させるだけなので、歯の色調や形態は維持され、自然な感じが持続します。

インビザラインですきっ歯の治療をした場合、抜歯は必要でしょうか?

ほとんどのケースで抜歯は必要ありません。
どうしても歯の移動に制限を受けてしまう場合は、歯の間を0.5mm程度削り、歯を動かすことが可能になります。

インビザラインですきっ歯の治療をしても、また元に戻ることはあるのでしょうか?

歯並びを治療すると、元の位置へ戻ろうとする力が発生します。
そのままにしておくと、元の位置に戻ってしまう場合があります。
そのため、治療後は必ずリテーナーという保定装置を装着して、よい位置をキープすることが大切です。

インビザラインですきっ歯の治療は、神経が無くてもできますか?

神経が無くても、インビザラインですきっ歯の治療は可能です。
神経を取ってから長時間経過した変色歯の場合は、歯の漂白やかぶせた方がいい場合もあります。

インビザラインですきっ歯の治療まとめ

インビザラインですきっ歯の治療ができるようになりました。

お口の状況により、期間や通院回数は変化しますが、いつまでも自分の歯で美味しく食べられるように、麹町デンタルクリニックでは皆様の健康のお手伝いをしていきます。

ご不明点などございましたら、スタッフまでお尋ねください。

東京都 千代田区 麹町デンタルクリニック
歯科医師 西澤道雄


歯ブラシの交換時期について

こんにちは。麹町デンタルクリニックの大庭です。
新型コロナウイルスが再び流行してますね…
感染者数が日々増え続けていますが、みなさん体調などは崩されていませんか??
少し咳や鼻水が出るだけでも、不安になりますよね。
手洗いうがい、手指の消毒をこまめに行って、感染予防対策をしっかり行っていきましょう‼️

今回は【歯ブラシの交換時期】について書かせていただきます。
ふと、この歯ブラシいつまで使えるの?気が付いたらずっと使っていた…なんてことはありませんか?
交換時期がわからない方や歯を磨いていてもなぜか虫歯になる、汚れが落ちにくいという方のお役に立てたら嬉しいです。

①ブラシの交換時期、目安って?
皆さんは1日何回、歯を磨きますか?
朝・夜の1日2回磨く方もいれば、朝・昼・夜の1日3回磨く方もいます。平均だと1日3回磨く方の方が多いかと思います。毎食後1日3回磨いた方で歯ブラシの交換目安は約1ヶ月といわれています。
その他にも歯ブラシを後ろから見たとき毛先がヘッド(歯ブラシの頭)からはみ出してみえる時は交換の合図です。

②同じ歯ブラシをずっと使い続けるとどうなるの?
・虫歯や歯周病になりやすくなる
→毛先の開いた歯ブラシで磨くことによって、汚れが落としきれず、汚れが残ったままになってしまいます。
・細菌が増殖する
→口腔内には常在菌が存在しているので、歯を磨くことによって歯ブラシの毛先には菌がたくさん付着してしまいます。
古くなった歯ブラシには特に菌が多く、適切な保管をしていてもヘッドの部分は汚れていってしまいます。
・歯茎や歯を傷つけやすくなる
→新しい歯ブラシの毛先には弾力性があります。毛先が広がり古くなるとその弾力性が失われ、汚れが落とせなくなる他に歯茎や歯を傷つけてしまうのです。

③ 歯ブラシを1ヶ月間しっかり使うためには?
・ブラッシング圧には注意
→ゴシゴシ強く磨いてしまうと、毛先は1ヶ月も経たないうちに開いてしまいます。また、強く磨くことによって歯茎や歯を傷つけてしまい知覚過敏の原因にもなってしまいます。
・歯を磨いた後は歯ブラシを水洗い
→歯ブラシには菌や汚れがたくさん付着するので必ず水洗いしましょう。軽く水で流して終わりという方も多くいますが、それだけでは菌や汚れ、歯磨き粉などは落とせていません。水で流したら指でヘッドの毛先部分を洗い流してください。
・乾燥させて保管する
→毛先部分に水分が残っていることで、カビや雑菌が繁殖してしまう原因となります。歯ブラシを水洗いした後は必ず水気を取り、風通しのよい場所でヘッドを上にして保管しましょう。

歯ブラシの交換時期の参考になりましたでしょうか?
毎日お口の中に入れるものなので、常に清潔な歯ブラシを使用し、虫歯や歯周病を予防しましょう‼️


気になる歯並びについて相談してみませんか?

皆さま、明けましておめでとうございます!!本年も麹町デンタルクリニックをどうぞよろしくお願いいたします!!

寒さも本格的になってきましたが体調を崩されてませんか?コロナで始まった2022年ですが、新しい変異株が見つかったりとまだまだ収束には遠いようです。マスク生活もしばらく続きそうですね。

マスク生活と言えば、とある調査でコロナ渦でマスク生活になり、この機会にこっそり気になっていた歯並びや噛み合わせを治す人が増えているそうです。歯並びを治しているのを人にあまり知られたくないという心情の表れなのでしょうか?!

人に知られずに歯並びを治すにはうってつけの治療法があります!!

噛み合わせや歯並びを治す場合、ひと昔前だとワイヤーを使うため器具が目立つ印象でしたが、最近は透明なマウスピースを使って調整していく「インビザライン」という方法が主流になってきています。

3Dスキャンでお口の中の詳細なデータを計測し、そのデータを元に透明なマウスピースを作成します。このマウスピースを一定期間で交換していくのですが、徐々に理想の歯並びに近づいていくので、交換する度に微妙に形状が変わっていきます。既存の方法と比べワイヤーを絞めたりしなくてもいいので、その点の恐怖心や心配がないのも良いですね。

また透明なマウスピースなので、装着していても歯並びを治療しているのがわかりにくい、というのも特徴です。マウスピースを装着した上にマスクをしていたら本当にわかりません!!

当院では「噛み合わせ・歯並びの無料相談」を行っています。もちろん無理に治療をお勧めすることはいたしません。患者さまの口腔内の状態をお調べし、ご希望を伺った上で一緒に方向性をご相談させていただければと考えております。

3Dスキャンしたデータを元に、歯並びを治した後のシミュレーションが簡単に見ることができるのもこの「インビザライン」の特徴です。

ご希望があればこの3D画像でビフォー・アフターを比較することもできます。もちろん無料相談の範囲内なので費用はいただきません。お話だけでも構いません。歯並びや噛み合わせで気になっていることがあれば、お気軽にご相談ください。

実は現在、当院のスタッフ4名がこのインビザラインで歯並びを治しています。スタッフの胸につけている「マウスピース矯正中」のバッジが目印です。使用感や感想など、実際に体験しているからこそお伝えできる内容がたくさんあります!!ご興味のある方は是非お気軽にお声がけください。

ご来院、ご予約お待ちしております!!