虫歯・歯周病でお悩みなら「麹町デンタルクリニック」で根本治療

定期検診で歯をキレイにしませんか?

皆さまこんにちは!

麹町デンタルクリニックの西澤です。

 

11月になり、秋らしくなってまいりました。秋は旬の美味しい食べ物がたくさんあります。美味しい物を食べた後は必ず歯みがきを忘れず、しっかり磨いてケアしていきましょう!!

 

さて、今回は歯をケアするための定期検診で、当院が最近導入しました機器のご紹介をします。

 

当院では定期検診の方をメインに、歯のクリーニングで「エアフロー」という最新の機械を導入し、パウダークリーニングを取り入れています。

スイス製の機械で、GOOD DESIGN賞に輝きました!!とてもクリアでスタイリッシュなデザインです!!

まずこの「エアフロー」がどんな機械なのか説明します。エアフローとは、超微細なウォータースプレーとパウダーを専用ノズルから噴射して使用します。お口に使う高圧洗浄機と思っていただければ想像しやすいかもしれません。笑

水とパウダーを噴射することで、茶渋・タバコのヤニといった歯の着色の汚れや、むし歯・歯周病・口臭の元となる歯ブラシだけでは落としきれない、歯の表面に付着したバイオフィルムをやさしく取り除きます。パウダー成分のエリスリトールはバイオフィルムを抑制する効果があります。

水圧と非常に細かいパウダーの力で着色や汚れを落としているため、歯を傷つける心配がないので安心です。このパウダークリーニングではノズルの先端が直接、歯に触れないので、歯への負担がありません。

歯並びが悪い箇所や、矯正中の方、歯の細かい溝など複雑な形態にも微粒子のパウダーが入り込むのでより効果的なお掃除でアプローチすることができます。ステインが気になる方には特におすすめです。タバコのヤニ、コーヒー・紅茶・ワインなどによる着色に効果を発揮します。

また、歯を傷つけずにクリーニングを行うことで、汚れのつきにくい歯にもなります。

知覚過敏が心配という方もご安心ください。真水の冷たさはなく、温水を噴射します。

エアフローを体験していただいた患者さまからは「気持ちいい~!!!!!!」「歯がツルツルする!!!!!」「すっきりしました!!!!!」というお声をたくさんいただいております。

施術後はフッ素を塗布し完了です。定期的に虫歯予防をしていきましょう!!

現在は定期検診の方をメインに使用しており、エアフローが1台しかないため、全ての方にご提供するのが難しい状態なのですが、ぜひ皆さんも定期検診でパウダークリーニングを体験してください!!

ツルツルな舌触りがやみつきになってしまうかもしれません!!


フッ素???

こんにちは、麹町デンタルクリニック歯科衛生士の本田です。

今年の秋は気温が不安定ですね。
家にある金木犀の木はここ最近1シーズンに2回咲いているのですが、この不安定な気温のせいなのか、今年はなんと3回目の開花です!!
木もびっくりしてるんでしょうか…

最近、
患者様にフッ素塗布をする機会が増えました。

フッ素ってよく聞くけどそもそも何??
歯にどんな効果があるの???
って思いませんか?

正確に言うと、みなさんの歯に塗布しているものは
『フッ素化合物』
というものです。
ちなみに「フッ素」は、実は気体なんです。
ご存知でしたか?
そのフッ素という気体は、不安定ですぐ他のものとくっついてしまう性質があり、単体では存在できません。
なので、それを利用し化合物として作用させています。

フッ素化合物も実は代表的な物が2種類あります。
・フッ化ナトリウム
・モノフルオロリン酸ナトリウム

です。
フッ化ナトリウムは歯に直接フッ素が浸透し、効果を出します。
また歯垢(プラーク)の中にも浸透して歯垢内のフッ化濃度を上げてくれます。
一方でモノフルオロリン酸ナトリウムの方が浸透力はあるのですが、歯垢の中にまで浸透しないので、歯垢をしっかり除去しないと効果が出ません。歯垢を全部取るのは不可能なので扱いが難しいです。

歯科専用の歯磨き粉やジェルにはフッ化ナトリウムが入っています。
一般的なものにはどちらかというとモノフルオロリン酸ナトリウムの方が含まれている事が多いです。

そもそもフッ素の効果ってどんなものなんでしょう?
みなさんは漠然と「虫歯予防」という事は理解されていると思います。

どうして虫歯予防になるのでしょうか?

効果はたくさんありますが大きく3つあります。
1つは
『エナメル質の強化』
エナメル質は細かいタイルが敷き詰めてあるような状態ですが、フッ素はそれが剥がれないようにしっかり留めてくれます。
そのため歯が強化され溶けにくくなります。

2つ目は
『再石灰化の促進』
物を食べたり飲んだりすると、お口の中が酸性に傾き、歯のエナメル質が溶けていきます。唾液の中には、エナメル質が溶けはじめた時に、それを再生させる機能が付いています。それを再石灰化というのですが、フッ素にはその再石灰化を早める力があります。

3つ目は
『菌の酸の生産を抑える』
虫歯菌はお口の中で、酸を作りだします。
それが歯を溶かしてしまい、虫歯に繋がります。その虫歯菌の働きを弱め、酸を作る力を抑えてくれます。

一時期、フッ素には毒性があるから使わない方がいいという噂が流れた時がありました。
確かに、フッ素も取り過ぎると中毒を起こします。しかしそれはどの食材でも同じことです。似たような化合物である食塩(塩化ナトリウム)も、取り過ぎれば体に毒です。
フッ素は食べ物にもたくさん含まれています。
代表的なものとしては
緑茶・飲み水・ビール・りんご・大根・牛肉・いわし・母乳……など。
危険な物というわけではなく、量を守って使用すれば体に毒どころか良い効果が期待できるのです。

現在市販の歯磨き粉にもフッ素は含まれています。
大体500〜1500ppm位です
(今までは上限が1000ppmでしたが引き上げられました。ただし、6歳未満のお子さんには1000ppm以下を推奨します。)

ちなみに大人がその市販の歯磨き粉を1本丸呑みしても、中毒は起きません。
そんな人はいないと思いますが(笑)

そして、歯科で使われているフッ素化合物は
10000ppmです。桁違いですね。

歯科専用との差はありますが、セルフケアとしてフッ素入りの歯磨き粉を毎日使う事で、虫歯の予防に大きく繋がります。
また虫歯ができやすい人は、フッ化物ジェルやフッ化物洗口剤などを使い、強化する事も大事です。

そして時々歯医者さんでスペシャルな虫歯の予防処置を受けに来てくださいね。
わからないことなどがありましたら、いつでも気軽にお声がけ下さい。


歯並びについて

こんにちは!麹町デンタルクリニック歯科衛生士の宮本です。
日増しに秋の深まりを感じるようになりましたが、今年はコロナがあるので、体調管理には本当に気をつかいますよね。皆さまはいかがお過ごしでしょうか?
さて、毎日のマスク生活でご自身の口元をじっくりと見たり、気にする機会が以前に比べて減っていませんか?
私は最近、歯のことで新たに始めた事があります!
それは、インビザラインというマウスピースを使って歯並びを綺麗にしていく治療です。
透明のマウスピースを使って少しずつ歯を動かしていくのですが、1日20時間以上装着して、自分で1週間ごとにマウスピースを交換していきます。
インビザラインのメリットは、マウスピースが透明で目立ちにくいことと、取り外しが簡単にできることだと思います。いつかマスク生活の日々が終わっても、透明なマウスピースなら人目を気にせずに話したり笑ったりできますよね!!
そして何より、自分で簡単に取り外しが出来る為、むし歯や歯周病になるリスクが低いです。外した状態で食事をするので、今まで通りに違和感なく食べることができますし、歯磨きや歯間清掃のフロスもしっかりできます。
もちろん歯を動かしているので、多少の違和感や痛みを感じることはありますが、慣れてしまうとあまり気になりません。
装着時間が長いので、大変だな〜と感じることもありますが、先日スタッフ全員が受講したオンラインセミナーで、マウスピースの装着時間の重要さを学んだので、装着時間はしっかり守って頑張ろう!と改めて思いました。
最近は、実際に歯が動いてきているのを実感できて面白いです!先日お話しした患者様も、インビザラインを始めた事がきっかけで歯に興味を持つようになり、「コロナ禍で退屈だったけど良いですね!」とおっしゃっていました。
当院では、インビザラインの無料相談を行なっております。
無料相談では、3Dスキャナーでお口の中を簡単に撮影させて頂き、精密で正確な歯型をデータ化することで、歯並びのビフォーアフターをシュミレーションでお見せすることができます。
歯並びで悩んでいる方はもちろん、ご自分の歯並びや噛み合わせがどんな状態か知りたいという方、ご来院をお待ちしております。
また、インビザライン中のスタッフも数名おりますので、いつでもお気軽にお声がけ下さい!


iTeroエレメント5Dを導入しました

皆さまこんにちは!麹町デンタルクリニックの西澤です。全国的に長雨が続いておりますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。夏の疲れが出始めるころです。くれぐれもお体にお気をつけください。

さて今回は当院で使用しております機器のご紹介です。

当院ではジルコニアクラウンやマウスピース矯正のインビザライン、インプラントの被せ物など様々な治療の際に口腔内の状態を正確に測定するため、口腔内スキャナーを導入しています。

昔はお口の中の形状を把握するために、粘土のような印象材をお口の中に入れて型取りをしていました。(現在も治療内容により印象材で型取りをする場合がございます)人によってはお口の奥まで印象材が入ることで気持ちが悪くなってしまい、型取りが苦手という方もたくさんいらっしゃると思います。この口腔内スキャナーの登場で印象材を使う必要がなくなり、スティック状のカメラをお口の中に入れるだけで詳細な形状を正確にスキャンすることができるようになりました。

口腔内を精密に測定しデータを取ることで、その後の製作物や治療の精度が格段にアップします。まさに最新鋭の歯科技術にはなくてはならない、基盤となるデータ収集をする機器がこの口腔内スキャナーなのです。

そんな口腔内スキャナーを当院では以前より導入しておりましたが、6月より新しい「iTero エレメント5D」にモデルチェンジしました。

従来の口腔内スキャナーとの違いは色々あるのですが、一番大きな点は口腔内スキャナーとしては初めてNIRIと呼ばれる近赤外線でのスキャンが可能になったことです。

近赤外線で歯の象牙の中の状態を見ることができるようになり、歯と歯の隣接面などのむし歯の早期発見や、見えにくい部分の歯石もレントゲン撮影をせずに発見できるようになりました。もちろんジルコニアクラウンやインプラントの被せ物も精密にスキャンすることもできます。

また、レントゲンを撮影するときに使用する放射線は一切使用していないため、妊娠中の方でも安心・安全にむし歯のチェックができます。

マウスピース矯正のインビザラインにおいてはこの「iTero エレメント5D」でビフォーアフターのシミュレーションを見ることができます。正確な矯正後のイメージを患者さまと共有することができるようになり、矯正の計画もより綿密に立てることが可能になります。

スキャンしたデータはリアルタイムでインビザライン社に送られるため、マウスピース製作までの時間が大幅に短縮されます。

歯並び・噛み合わせ相談(無料)も開催しております。3D映像をご覧いただきながら、お口の噛み合わせの状態等を詳しくご説明いたします。歯の重なっている部分が上手く歯みがきができないなど、お困りの際も是非ご相談ください。定期検診では歯みがき指導も行っております。お気軽にご予約ください。

また、矯正をご検討されている方へ、当院では無料で矯正診断を行っております。矯正は金額も治療期間もかかるものです。矯正を始める場合は、何ヵ所か歯科医院を受診し、きちんと納得できるまでカウンセリングをお受けになり、ご検討いただくことをおすすめします。


口呼吸について

みなさんこんにちは。麹町デンタルクリニック院長の西澤です。今回は口呼吸についてお話させていただきます。

普段、私たちが無意識のうちに行っている呼吸法には、口呼吸と鼻呼吸の2種類があります。基本的に、哺乳類が行う正しい呼吸法は鼻から吸って鼻から吐く鼻呼吸で、口呼吸を行うのは人間だけです。

犬がハアハアと口で息しているのを見たことがあるかもしれませんが、あれはパンティングといって、汗をかけない代わりに体温を下げようとするときなどに見られる行動です。酸素はほとんど肺に送られていないようで、正常な状態であれば、やはり鼻呼吸を行っているのです。

人間が口呼吸を獲得したのは、言語を発するようになった影響だといわれています。しかし、口呼吸はあまり良い呼吸法とは言えません。口呼吸をしていると冷たく乾いた空気とともに、細菌やウイルスなどの異物が直接肺に入ってしまうため、鼻呼吸に比べて、病気にかかりやすくなります。口呼吸による影響はそれだけではありません。

本来、お口の中の唾液は、細菌や汚れを常に洗い流してくれています。しかし、口呼吸を続けていると唾液が少なくなり口腔内は乾燥状態に。それによって、むし歯や歯周病の原因菌が繁殖しやすくなります。むし歯が進行すれば、ズキズキとした耐えがたい痛みに襲われますし、むし歯が神経に達すると神経の治療も必要になります。また、歯周病は気づかないうちに進行しやすく、放置していると歯が抜け落ちるほど重症化してしまうこともあります。

口呼吸による影響は、他にもたくさんあります。
・口臭の原因になる
・味覚障害を引き起こす
・いびきや睡眠時無呼吸症候群の原因になる  等

このように様々なトラブルを招くため、口呼吸をしている方は、ぜひとも鼻呼吸に改善していきましょう。

それでは、実際に口呼吸を改善するためにはどうすればよいのでしょうか。

専門の治療を受けたり、矯正器具を使うといった方法もありますが、まずはご自宅でも簡単にできる「あいうべ体操」をご紹介したいと思います。

1.「あー」と口を大きく開く
2.「いー」と口を大きく横に開く
3.「うー」と唇をとがらせ、口を強く前に突き出す
4.「ベー」と舌を突き出し、下に向けて伸ばす

1~4を1セットとし、毎食後に10セット繰り返します

舌や口周りの筋肉を鍛えることで、口が不意に開くことを防ぎ、口呼吸の改善の他、いびきや誤嚥の予防効果も期待できます。ぜひ毎日の習慣にしてみてください。