虫歯・歯周病でお悩みなら「麹町デンタルクリニック」で根本治療

水分補給の大切さ

こんにちは。麹町デンタルクリニックの大庭です‼︎
蒸し暑い日が続いていますが、体調は崩されていませんでしょうか?

4月に唾液の力について書いたことがきっかけで、その後、もう少し調べてみました。
その結果、唾液が減ると、
①むし歯リスクが格段に上がります…
②風邪をひきやすくなります…
③ご飯がおいしく食べられなくなります…
④口の中に痛みを感じやすくなります…

そこで‼︎
唾液を増やすためにまず大切な、「水を飲む」ということについて、今日はお話させていただきたいと思います。
体の中の水分量が減ると、人間はまず唾液を減らすことで水分を逃がさないようにしようとします。
つまり、体内の水分を十分の保つことが、唾液をしっかり出すということの第一歩になるのです。

私たちの体は、55~60%が水で占められています。
脳・腸・腎臓・筋肉・肝臓などの組織は水分含有率が80%にもなります。
そのほか、目を潤したり、肌を潤したり、粘膜を潤したりするのに役立っており、それぞれ乾燥すると不具合が出ますよね?
唾液のために限らず、十分な水分を摂取することで、体が必要な栄養素を必要な部位に運び、老廃物・毒素を排泄してくれます。

▪1日に必要な水分量
ほとんどの栄養素は食事摂取基準によって摂取量が定められていますが、実は水は基準値が設定されていません。しかし、生き物にとって水は必要不可欠です。
口から飲む飲料水(1,000ml)と、食べ物の中に含まれる水(1,100ml)を足した「摂取される水」、栄養素が体内でエネルギーになる時に生成される「代謝水」(300ml)があります。
この2つを合わせて1日2,400mlの水が必要です。

人の体は、1日の水分の出入りを均衡に保っているため、水分摂取量で尿量が調節されます。汗をかいたときには水分補給が大切で、体内の水分が足りなくなると唾液で調節するために喉が渇いてきます。
渇いた時点ではもう脱水が始まっています…

▪️1日に飲む水分量は?
1日に必要な水分が2,400mlということで、その分を補てんする必要があります。
食べ物から摂取する分を差し引いても、1日1,500ml~2,000mlの水を飲む必要があると考えられています。
運動をする人や熱い地域に住む人はもっと飲む必要がありますし、年齢や体重、ライフスタイルによって適正な水分摂取量は変わってきます。
健康な成人は毎日体重1キロにつき約35mlの水が必要で、これは一般的な化学団体による最低限の量です。
自分の体重×35mlするとそれぞれに必要な最低限の水分量が出てきますね。
また、お子様に関しては体重と関係なく1,100mlが必要とされています。

▪️どんな飲み物で水分をとるべき?
「水」です!!!(麦茶、そば茶も◎)

ソフトドリンクには砂糖や添加物が入っているので、水分として純粋に取り入れる前にこの添加物を代謝するために余計な水分を使ってしまいます。

お茶には糖分がほとんど含まれておらず、飲み過ぎによる肥満などの心配はありません。
しかし、水分補給のための飲み物として考えた場合には、お茶に含まれるカフェインには利尿作用があり、補給したはずの水分を体外へ排出してしまうため、おすすめはできません。
あくまでも健康のための飲み物や気分転換のための嗜好品と考え、適量を飲むのがおすすめです。
麦茶やそば茶などといったカフェインが含まれていないお茶は、水分補給のための飲み物として活用できます★

▪️水分補給のタイミングは?
起床時や就寝前、運動中や運動前後、入浴前後はもちろん大切ですが、日頃からのどが渇くと感じる前にこまめに水を飲みましょう!

お口の中のためにも、熱中症対策としても、こまめにしっかり水分補給をしてみてください。


デジタルサイネージの活用

みなさまこんにちは!

麹町デンタルクリニックの西澤です。

梅雨の晴れ間に夏の気配が感じられるころとなりましたが、お元気でお過ごしでしょうか?

 

今回は当院の待合室にあるモニターで流している動画についてお話をさせていただきます。

この待合室のモニターですが、専門用語でデジタルサイネージと呼びます。直訳すると電子標識です。

主にお知らせや診療時間、当院でみなさまにご提供しております治療の内容についてご説明する動画を流しています。

当院では治療の際、事前に患者さまのお悩みをカウンセリングし、治療内容と工程を事前にご説明し、ご納得されたうえで治療に入るインフォームドコンセントを徹底しております。医療には患者さまと歯科医師をはじめ医院スタッフ全員との信頼関係がなにより大切です。

「なにをされているかわからない」

「いつ治療が終わるのか知らないまま通っている」

など、患者さまの治療理解が不十分なままでは最良の医療はできません。わかりやすく細かいところまでしっかり治療説明をさせていただいております。

しかしながら、治療以外の歯に関するお話をしっかりとおひとりおひとりにご説明できているかと言うと、なかなか難しいのが現状です。

そこで待合室にありますこのデジタルサイネージで、医院で取り組んでいる内容や歯に関すること、保険診療と自費診療の違いなど、歯科のことをもっと知ってもらおう!ということで動画を作成し再生しています。

例えばむし歯などで削った歯に被せる「被せ物」についても様々な種類がありますし、色合いや見た目も異なります。実際に映像で見てこっちにしようかな、と考えを変えられる方もいらっしゃいます。

もちろんメリットだけではなくデメリットも正直にお伝えしております。治療した直後は綺麗ですが、経年劣化でどのように変化していくのかも動画内でご説明させていただいております。

ただ、どのような治療法を選択されたとしても、重要になってくるのは必ず定期検診に来ていただくことです。

治療の終わりはスタートです。せっかく最後まできちんと治療を受けてくださったのなら、それをキープできるように是非とも定期検診へお越しください。

今後も、様々な紹介動画をどんどん追加していく予定です。

ご来院の際は、ぜひ待合室でデジタルサイネージをご覧ください。

 

疑問やご質問等ありましたら、スタッフまでいつでもお声がけください。

今後とも、患者さま第一の医院として精進してまいります。


マウスピース矯正おすすめです(^^)

皆さんこんにちは!麹町デンタルクリニック受付の小林です!
私がこの医院に来て半年が過ぎました。
人生で一番と言えるくらいにあっという間でした。私は未経験で歯科業界に入ったため右も左も分からず学ぶこと、覚えるべきことがたくさんありました。だからこそ毎日が充実していて時間が経つのが早かったのかもしれません。まだまだ学ぶべきことや課題もあるのでまたこの半年あっという間なんだろうなと思っています。
さて、私が働き始めて自分もこの治療を受けたかったな〜と強く感じたものがあります。それがマウスピース矯正(インビザライン)です。
私は子供の頃歯並びがとても悪かったです。両親が将来の事を考え小学生の時からずっと矯正しようと言われ続けていたのですが私はずっと拒絶していました。なぜなら、やはり見た目。当時はワイヤー矯正が一般、というかその選択肢しかなかったと思います。ワイヤー矯正をしている人を見るとやっぱりそこに目がいってしまいますし人にジロジロ見られるのも嫌だったのです。それとディズニー映画のファインディングニモで悪役?の女の子がワイヤー矯正をしていてなんとなくワイヤー矯正=嫌な印象というイメージがありました(笑)しかし、中学生になり歯並びが悪いことの方が気になり始め数年我慢すれば思いっきり歯を見せて笑えると考えが切り替わりワイヤー矯正を行いました。今では矯正をして思いっきり笑える生活ができて本当にやってよかったと思っています。
長くなってしまいました…が、私が伝えたいのはこのワイヤー矯正の1番嫌な”見た目”を全く気にする事なく矯正を行えるのがインビザラインということです!私もこれで矯正したかった〜と思いました。マウスピースでどのように歯が動くのかといいますと、専用の機械で口の中のスキャンを取り、数週間後マウスピースが数十枚作製され、それを1週間ごとに交換していくことで少しずつ歯が動いていくという仕組みです。これを納得いく歯並びになるまで繰り返します。人の目を気にせず透明のマウスピースをするだけで歯並びが綺麗になるなんていい事だらけだなと思います。また、痛みもワイヤー矯正より少ないそうです。なぜならコンピューターで最適な優しい力が加わるように計算されているから!時代ってすごいですね。更に様々な人のデータをとって今もなお最適な歯の移動を計算できるよう常に進化しているそうです。
当院では無料でインビザラインについての相談を行っております。若い女性の方から中高年の男性まで幅広い方々が使用されています。少しでも気になる方はぜひスタッフにお声かけください!
半分くらい自分の事を書いてしまいましたが最後まで読んでくださりありがとうございました!
マスクがとれて人の目を気にせず思いっきり笑える日々が早く戻ってきますように。


歯は人生のパートナー

皆さまこんにちは。

麹町デンタルクリニックの西澤です。

 

6月といえば、、

6月4日 は6(む)4(し)にちなんで「むし歯予防デー」とされ、

4日から10日までの一週間は厚生労働省・文部科学省・日本歯科医師会

などが実施する「歯と口の健康週間」とされています。

 

普段私たちが食事や会話を楽しめるのは、健康な歯と口があってこそです。

 

永久歯の数は全部で28本、親知らずを含めると32本あるので、

「1本くらい歯がなくても大丈夫」と考えてしまうかもしれませんが、

それは大きな間違いです。

 

1本でも歯を失えば、口内環境は大きく変化します。

「見えない場所だから」「他の歯でも噛めるから」といってそのまま放置していると、全身の健康にも影響を及ぼします。

 

今回は「大切な歯を失ったときに起こる影響」についてご説明します。

 

歯は本来、隙間なく並ぶことでバランスを保っているため、1本でも歯を失うと

隣り合う歯が傾いてきたり、噛み合う歯が浮いてきたりして、「歯並び」や「噛み合わせ」が悪くなります。

その結果として、残っている歯に余計な負担がかかるため、ほかの歯の寿命を縮めることにもなりかねません。

 

また、歯の重要な役割といえば食べものを「噛む」ことですが、歯を1本でも失うと噛む力は低下し、いずれ全身の健康にも影響を及ぼします。

 

そのひとつは、胃腸への影響です。食べものをよく噛んで食べると、だ液がたくさん分泌されます。このだ液に含まれる消化酵素には消化を助ける働きがあり、胃腸への負担を和らげてくれます。

しかし、噛む力が低下して食べものを飲み込むようになると、だ液の分泌も減って胃や腸に負担がかかってしまいます

 

さらに、噛むことは脳の働きにも影響を与えます。

よく噛むと脳の働きが活発になりますが、反対に噛む回数が減ると、脳への刺激も減少します。

残存歯が少なく治療をしていない人は、20本以上歯が残っている人に比べて認知症発症リスクが最大で1.9倍になるというデータもあります。

 

歯を失って食べものが噛みにくくなると、左右どちらかの歯で噛むようになり、

顔がゆがんでしまう恐れもあります。しかも、前歯がなくなると歯の隙間から息が漏れ、正しい発音も難しくなります。

このようにお口の健康は全身の健康に影響します。

 

さて、ここで質問です。歯の寿命をご存じでしょうか?

 

日本人の「歯の平均寿命」は約50〜65年。特に奥歯は抜けやすく、前歯より10年以上寿命が短いことがわかっています。

失った歯は二度と戻ることはありませんが、

・入れ歯

・ブリッジ

・インプラント

で補うことは可能です。もし歯を失ってしまったら、

早めの治療をご検討ください。

 

歯を失う主な原因は、虫歯と歯周病。

歯の寿命を伸ばすためにも、日頃のセルフケアと定期検診が大切です。

80歳になっても自分の歯を20本以上残すことを目標に、虫歯・歯周病予防に努めましょう!

 

定期検診でお待ちしております!


キシリトールについて

皆さまこんにちは!

麹町デンタルクリニック院長の西澤です。

走り梅雨に濡れ、木々の緑も深みを増すこのごろ、お変わりありませんでしょうか。

 

今回は歯科にも縁深いキシリトールについてご紹介していきたいと思います。

 

ここ20年くらいで一般的な知名度もかなり高くなってきたキシリトールですが、正しい情報を知っている方はそんなに多くありません。

キシリトールについては

 

・甘いけど歯によい

・むし歯にならない

・海外の歯によい成分

 

そんなイメージをお持ちの方は多いと思います。

私達がガムやタブレットで摂取しているキシリトールは白樺や樫などの木から抽出されたものを使って作られています。しかし特別な成分、というわけではありません。

実はキシリトールは私達のよく知っている果物や野菜の中にも含まれています。

例えばイチゴには100gのうち、約350mgのキシリトールが含まれています。

またこれも意外なことですが、私達の身体にある肝臓でも1日あたり約15gのキシリトールが作られています。

特別な成分だと思っていたキシリトールですが、自分の身体の中でも生成されていたというのは驚きです。

ではキシリトールの働きでどんな効果が得られるのでしょうか。

その説明のためには、むし歯のメカニズムについて簡単な説明が必要になります。

 

甘いものを食べればむし歯になる、というのは間違いではないのですが半分正解といったところです。

お口の中は食事をすると酸性になり、この酸が歯の表面にあるエナメル質を溶かしていきます。酸性になった歯は食事の後に唾液の力で徐々に中性に戻っていきます。

しかし間食が多かったり、寝る前の歯みがきを怠ったりすると、歯垢に潜んだむし歯菌が酸を出し、どんどん歯を溶かしていきむし歯になるリスクが高くなります。

また甘い食べ物はむし歯菌のエネルギーとなるので、むし歯菌の働きを活発にします。

これがむし歯になるメカニズムです。

 

キシリトールは糖アルコールの1種です。糖アルコールは食べてもお口の中がまったく酸性になりません。またその甘さから唾液がたくさん出るため、歯の再石灰化が促進され歯が丈夫になります。

さらにキシリトールは、むし歯菌の働きを弱める効果もあります。

 

・口の中が酸性にならない=歯が溶けない

・甘いので唾液がたくさん出る=歯の再石灰化が進み丈夫になる

・むし歯菌の働きを弱める

 

この3つの効果が、キシリトールがむし歯にならないと言われている理由になります。

同じ甘い食べ物でもキシリトールはむし歯菌を抑制する効果があるのです。

キシリトールのむし歯予防効果を十分に発揮させるためには歯科専売のキシリトール100%のガムかタブレットを1日3回噛み、それを3ヶ月以上続ける必要があると言われています。

 

マスク生活も長くなり、口臭予防にガムやタブレットを使用する方が増えているという話を聞きました。

この機会にキシリトール100%のガムやタブレットを食べて、むし歯菌の少ない口腔環境を作っていきましょう。

 

当院ではキシリトール100%のガムを販売しています。

ラミチャックタイプ 260円(税込)

ボトルタイプ 980円(税込)

手軽にできる虫歯予防です。ぜひお買い求めください。